会社概要

鹿児島市城南町 神野商事外観

 当社は昭和29年、旧国鉄・市交通局・九州電力・電気工事会社向けに、信号・蓄電池等の電機資材販売を目的に設立されました。昭和56年に電気工事業の資格を取得し、電気工事業に進出。当初は信号工事のみでしたが、近年では一般電気・道路照明設備・道路情報版・可変標識・トンネル照明設備・直流電源、無停電電源設備等、幅広く展開しています。
平成17年には土木・とび土工工事業を取得し、土木・安全施設工事を開始、現在に至っています。
当社の事業は非常に公共性が高いため、事業を通じて地域社会への貢献と発展に寄与するという高い目標を全社員で共有し、日夜研鑽を積んでおります。また、先祖代々受け継がれてきた美しい自然、豊かな国土を子々孫々受け継ぐべき最重要使命とし、次の世代の人々の豊かな生活を確保することを認識しております。また、ISOを取得して環境への負荷の軽減にも取り組んでおります。
先代からの社是でもある積極、責任、礼儀をより一層徹底させ、事業を通じて国家の発展に寄与する所謂「産業報国」を旗印に精進を重ねていく所存であります。平成30年1月には念願の新社屋も完成し、社員一同より一層の飛躍を誓っております。
今後とも、より一層のご支援、ご指導を賜りますよう宜しくお願い致します。

・顧客ニーズに応え、満足を求めつつ当社の社是である積極・責任・礼儀の
 理念のもと地域社会の発展に寄与するものとする。
・地球環境に考慮する為、電力の使用、車輛機械類の燃料の効率的運用を行う。
・廃棄物発生の抑制と再資源化を図る為、廃棄物の適正な処理、分別を行う。
・システムの改善に継続的に取り組むために、定期的な内部監査と適切な教育・訓練を行う。

神野商事株式会社
代表取締役 神野 洋介

会社概要

商号神野商事株式会社
代表者代表取締役 神野洋介
設立昭和29年1月14日
所在地鹿児島市城南町25-5  TEL.099-223-2533   FAX.226-2679
従業員数18名 (平成30年6月現在 / 役員含む)
資本金¥52,000,000
建設業許可鹿児島県知事許可(特-29) 第6222号

交通アクセス

沿革

昭和29年1月

神野商事株式会社設立。資本金30万円
電気資材販売及び電気工事を目的に営業発足、事務所を市内山之口町
福徳ビルに設置。

昭和34年12月

事務所を市内高麗町に移転。

昭和53年2月

資本金100万円に増資。

昭和54年6月

事務所を市内城南町に新設。

昭和56年12月

鹿児島県知事 般-56第6222号で建設業の許可を受け電気工事業も開始。

昭和57年7月

資本金200万円に増資。

昭和58年2月

資本金400万円に増資。

昭和60年3月

市内城南町25-8に資材倉庫設置。

昭和62年3月

資本金800万円に増資。

平成14年8月

鹿児島県知事 特-14第6222号で建設業(電気工事業)の許可を受ける。

平成16年2月

資本金4,000万円に増資。

平成16年5月

ISO 9001・14001 認証取得。

平成17年8月

鹿児島県知事 特-17第6222号で建設業(土木工事業・とび.土工工事業・石工事業・鋼構造物工事業・
ほ装工事業・しゅんせつ工事業・塗装工事業・水道施設工事業)の許可を受ける。

平成24年3月

資本金5,200万円に増資。

平成29年12月

本社建替完了

平成30年3月

鹿児島県知事 般-29第6222号で建設業(電気通信工事業)の許可を受ける。

社内構成

従業員構成 

20代/2名
30代/5名
40代/5名
50代/2名
60代/3名
事務/1名
計18名

資格取得者 

1級電気工事施工管理技士/7名
2級電気工事施工管理技士/9名
第3種電気主任技術者/1名
第1種電気工事士/8名
第2種電気工事士/10名
1級土木工事施工管理技士/3名
2級土木工事施工管理技士/5名

主要取引先

海上自衛隊鹿屋航空基地隊
鹿児島市水道局
第十管区海上保安本部
鹿児島市交通局
鹿児島大学
九州電力㈱鹿児島支店・各電力所
鹿児島県
㈱九電工 鹿児島支店
鹿児島県警察本部
NEXCO西日本
鹿児島市役所
外 電気工事業者
各市町村

Pulse CMS